2014年09月28日

9/27 JL26鳥栖戦

3連戦の最後は鳥栖。
序盤、やや鳥栖が優位に進めると、
10分、ペナルティエリア内で右からのクロスの競り合いからPKを獲られてしまい、失点を許す。
しかし、25分にCKからのこぼれ球をゴール前に再度入れたときにパトリックがファールを受け、PKを得る。
このPKを遠藤が落ち着いて決め、同点にして、前半は1-1で終える。

両チームともメンバーはそのままで後半を迎えると、
しばらくは鳥栖のペースが続き、危ない場面もあるが、DF陣が体を張って守る。
そして66分、中盤に下がってきた宇佐美から前線にパスをすると、
DFの裏に走りこんできたパトリックが足の裏であわせ、勝ち越しゴールを決める!
その後、鳥栖は前線からボールを追ってくるが、
ガンバは落ち着いてボールを回しゲームをコントロールする。
79分には、中盤に下がってきた宇佐美からDFの裏へパスが出ると、
パトリックが受け、GKが飛び出してきたところを、ループシュートを決めて追加点!
続けて84分には右からリンスがクロスを入れると、
GKがこぼしたボールをパトリックが蹴りこみ、ハットトリックとなる3点目を決める!
鳥栖も最後までゴールを狙ってくるが、
しっかり守りきり4-1で勝利し、先制されながらも、逆転することで5連勝!
そしてリーグ戦では初めて鳥栖から勝利をあげることが出来た。


(G-mailから転記)
posted by ガンバ太郎 at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

9/23 JL25清水戦

20日に行われた大阪ダービーから中2日。
非常にタイトなスケジュールで迎えるアウェイ清水戦。
9月下旬とはいえ、晴天で暑さがまだ残る14:00からキックオフ。
前節からガンバはスタメンを4名変更。
序盤は両チームとも慎重なスタート。
清水はボールを奪うと、前線へロングボールを入れるが、ガンバは丁寧にパスをつなぐ。
徐々にガンバがボールを支配し、21分にパス交換から宇佐美に渡り、ドリブルしてスペースを作ってから落ち着いてシュートを決める!
その後しばらくは5バックで守る清水相手にボールを支配するが、清水がボールを持つ場面が増えてくる。
しかし、DF陣が体を張って守り、ゴールを許さない。
前半を1-0で終えると、後半、清水が続けてチャンスを作り危ない場面があるが、ここでも全員でゴールを守る。
だが、ここでアクシデントが。
体を張って守ったオジェソクが負傷交代。
キムを入れ、丹羽を右サイドに配置。
そのため清水にボールを持たれる場面が増え、ガンバも何度かカウンターでチャンスを作ろうとするがゴールが遠い。
押し込まれ厳しい展開が続くが、84分に得たFKを遠藤が蹴ると、ゴール前でフリーになった丹羽がヘディングシュートを決め、追加点!
そして、アディショナルタイムには宇佐美からのパスをペナルティエリア内で受けたリンスが、DFをかわして3点目を獲り、試合終了。
暑さがあり、非常にタフなゲームだったが、4試合完封勝利を収めることが出来た。
posted by ガンバ太郎 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

9/13 JL23広島戦

天皇杯から中2日。再びEスタで広島と対戦。ガンバは天皇杯で出場していなかった宇佐美や岩下、オジェソクがスタメンに、広島は8人を入れ替えて試合開始。
前半から広島は中盤にボールが入ると厳しくチェックをしてくる。そして奪った後はボールをシンプルに前に入れてくるが、ガンバも落ち着いてボールをまわし、隙をうかがいながらシュートまで持ち込む。なかなか決定機を作れずにいると、32分、細かいパス交換から、ペナルティエリア前で佐藤が体をはってボールをキープ。そのボールが宇佐美に渡ると、右足を降りぬき先制点を決める!
前半を1-0で終え、後半に入ると広島が攻勢に出る。開始から続けてシュートを打たれるが、DF陣も集中してゴールを許さない。ガンバもカウンターからチャンスを作ろうとするが、前線でボールがキープできないため、チャンスを作れない。広島はサイドから攻撃を仕掛けて、さらに両サイドの選手を交代し攻めてくるが、ガンバもサイドの選手が上手く対応。またクロスを入れられても中ではじき返し、シュートまで打たせない。連戦のためか、広島もガンバも選手交代を全部使い切り総力戦になるが、ガンバは最後まで守りきり、1-0で勝利!
5連戦の最後、そして広島との連戦も勝利で飾り、長谷川監督のリーグ戦通算100勝に花を添えることが出来た!

☆ガンバ大阪公式モバイルサイト
http://gamba-osaka.jp/
メニューリスト > スポーツ > サッカー
対応端末:スマホ(Android/iPhone)、携帯
提供キャリア:docomo、au、Softbank
月額:324円(税込)

----------------------
G-mailを解除する場合は以下のURLにアクセスしてください。
http://gm.gamba-osaka.net/bm/p/f/s.php?id=reg&mail=el-cantare-777%40docomo.ne.jp&no=2077
posted by ガンバ太郎 at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月11日

9/10 EC4広島戦

8月末から始まった5連戦の4試合目は、天皇杯4回戦・広島と試合。ナビスコから中2日ということもあり、ガンバは前節から6選手を入れ替えるが、広島も連戦のため、大幅にメンバーを変更して望む。
序盤、トーナメントということもあってか、慎重な立ち上がり。しかし、30分右サイドペナルティエリア内にいたリンスからのクロスを佐藤がダイレクトボレー!DFに当たるが、そのままボールはゴールへ入り、先制点を挙げる!そしてこのまま前半終了かと思われた45分、前線からの守備でボールを奪い攻撃に出ると、ペナルティエリア内で今野が一度は取られるが、再び奪い返し、左サイドからゴール前に入れると、ゴール前にいた佐藤が押しこみ、追加点を挙げ後半へ。
後半に入り、得点が必要な広島が攻めてくるが、ガンバ守備陣がしっかり守る。広島は、青山、そして代表から戻ってきたばかりの皆川を投入。その後、ガンバもパトリックを入れ、しっかり守りながらも追加点のチャンスをうかがう。そして、84分にリンスがゴール前で米倉とのパス交換し、DFと競り合いながらもなんとかあわせ、3点目を決める!89分には広島にPKを決められるが、3-1で試合終了。
広島との連戦をまずは白星で終えた。
現時点でリーグ戦・カップ戦・リーグカップ戦の全てのタイトルを狙うことが出来るのはガンバだけ。10月には7連戦になるなど、さらに厳しい戦いが続くが、「簡単ではないが、可能性がある限り狙いたい」と長谷川監督。

(G-mailから転記)
posted by ガンバ太郎 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月08日

9/7 NCQF2神戸戦

ナビスコカップ準々決勝第2戦。1戦目を1-1で終えたため、両チームとも勝てば無条件で準決勝に進出することもあり、お互いに勝ちを狙い、ゲームに入る。
開始早々、「神戸キラー」宇佐美がきわどいシュートを放ち、場内を沸かすと、その雰囲気が収まらない間に、左サイド宇佐美のスルーパスを受けた倉田からのクロスを阿部がインサイドでのボレーシュートを決め、先制点を決める!その後も決定的な場面を作るが、徐々にゲームも落ち着き、神戸もボールを持つように。しかし、DF陣が体を張りゴールを守ると、28分、神戸のパスミスを前線に残っていた宇佐美が受け、反転してのシュートが決まり、追加点を挙げる!その後もガンバが優位にゲームを進めるが、追加点は決められずに前半終了。
神戸は選手交代を行うが、ガンバは前半同様のメンバーで後半開始。神戸が前からボールを追い、ゴールを狙うが守備陣が集中して守る。ガンバもカウンターから何度か決定機を迎えるが、神戸GKの好守もありゴールが遠い。だが、83分、DFからのボールを途中出場した佐藤がしっかりキープし、落としたボールを宇佐美が左サイドにいる倉田へパス。倉田がつめてきたDFを交わしてシュート!これが決まり3点目!その後は神戸が攻撃的になるが、落ち着いて守備をし、ゲームはそのまま終了。第2戦は3-0で勝利し、トータルスコアも4-1。準決勝に進出!なお、準決勝の対戦相手は川崎Fに決まった。

(G-mailから転記)
posted by ガンバ太郎 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

9/3 NCQF1神戸戦

★ナビスコカップ準々決勝は神戸との試合。第1戦アウェイからスタート。
試合開始直後から、神戸がブラジル人3選手を中心とした攻撃でボールを支配。だが、「神戸キラー」宇佐美が神戸戦でまたゴールを決める!11分、右サイドで米倉から倉田、パトリック、再び倉田とボールをつなぎ、そしてゴール前の宇佐美に渡ると、右足を振り抜き、ファーストシュートで先制点を挙げる。しかし、その後も神戸ベース。ボールを繋がれ、シュートまでいくが、東口を中心としたDF陣が体を張ってゴールを守る。ガンバもカウンターからチャンスを作ろうとするが、追加点にはならず、前半は1-0で終える。
両チームともメンバーの変更はなく、後半開始。後半も神戸がゲームを優位に進め、64分にマルキーニョスに決められ同点に。佐藤・リンスと前線の選手を変更してチャンスを作ろうとするが、前線でボールがキープできずに厳しい展開が続くが、失点は許さずに1-1で試合終了。
9/7(日)万博で行われる第2戦に勝ったチームが準決勝に進出する。

(G-mailから転記)
posted by ガンバ太郎 at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。