2014年12月14日

12/13 EC決勝山形戦

今シーズンJ1リーグに戻ったばかりのガンバ大阪は、ナビスコカップ、J1リーグと2冠を達成し、史上初のJ1昇格後、即三冠という前代未聞の偉業に挑む。

その対戦相手はモンテディオ山形。
J2リーグは6位ながらも、リーグ戦ではプレーオフで勝ち上がりJ1昇格するなど、非常に勢いのあるチーム。

開始直後は前線から激しく山形がボールを追ってくるが、4分にはGKからのボールをパトリックが前線で競り、こぼれ球を宇佐美がシュート。
一度はGKに防がれるが、そのこぼれ球をしっかり蹴りこみ、先制点を挙げる!

しかし、その後も山形が優勢に進めるが、全員で集中して守る。
そして22分には、山形CKからのカウンター。
中盤で宇佐美が競り勝ち、ドリブルで持ち上がると、走ってきたパトリックへパス。
しっかり狙ったシュートがゴールに突き刺さり、追加点を挙げる!

その後も山形に押し込まれる場面が多いが、徐々にガンバペースになり決定的な場面を作るようになるが、2-0で前半を終える。

後半、得点を狙う山形はアグレッシブに来ると、62分、左サイドからのクロスをロメロ・フランクにダイレクトであわされ、失点を許す。

その後も勢いのある山形がボールを持ち、運動量も落ちない。

一方、ガンバは守備の場面が多く、難しい展開が続く。
77分には岩下が負傷のため交代。

だが85分、山形の前線からのプレスを交わし、ボールを運び、ペナルティエリア外の宇佐美へ渡るとシュート!
これがDFにあたりコースが変わるがゴールネットを揺らす!

試合はそのまま終了し、3-1で勝利!

2009シーズン以来、4度目の天皇杯優勝を飾ることが出来た!

2014シーズン、ヤマザキナビスコカップ、J1リーグに続き、天皇杯優勝による3冠達成!
3冠達成はJリーグでも2回目。

だが、J1リーグの年間勝ち点での優勝による3冠達成は史上初の快挙を達成し、今シーズンを締めくくることが出来た。


★「FUJI XEROX SUPER CUP 2015」の対戦カードが浦和レッズに決定。

(G-mailから転記)
posted by ガンバ太郎 at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月07日

12/6 JL34徳島戦

J1リーグ第34節最終戦。
長いリーグ戦も今日が最後。
勝てばほぼ間違いなく優勝が決まる一戦。
サポーターも大阪だけでなく、全国のガンバサポーターが徳島に駆けつけ、ホームのような雰囲気に。
一方、チームはこの一週間もいつもと同じように気負いを感じることもなく、この試合に挑む。

序盤は少し両チームとも慎重にはいり、シュートまでいかない。
15分頃からガンバがボールを持つ場面が増えるが、徳島も守備への戻りが早くチャンスを作れない。
30分前後には阿部、米倉とチャンスがあったが、ゴールにはならず。
その後もガンバペースでゴール前に迫るが、徳島の守備も固く、前半は0-0で終える。

後半、阿部に代わり倉田をピッチへ。
後半開始直後、徳島にゴールを許したかと思われた場面はオフサイドで失点にはならず。
その後もしばらく徳島ペース。
危ない場面もあったが、今度はガンバDF陣が体を張ってゴールを守る。
少しずつガンバもボールを持つようになる。
宇佐美が左サイドでキープしてチャンスを作るが、ゴールが遠い。
クロスを入れる場面は増えるが、シュートにはならず。
ガンバは81分にリンスを投入し、さらにゴールを狙う。
ガンバがボールを持つが、前線に直接入れるシーンが多い。
時折徳島がカウンターでチャンスを作るが、DF陣も集中して守る。
そして、試合はスコアレスドローで終了。

だが、2位浦和、3位鹿島が共に負けたため、2005シーズン以来、2度目のJ1リーグチャンピオンを獲得することが出来た!!!

(G-mailから転記)
posted by ガンバ太郎 at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。