2015年05月07日

5/6 ACL6城南FC戦

ACL第6戦は城南FCとホーム万博で戦う。
試合開始から城南はガンバDFの裏、特に右サイドを狙ってしかけてくる。
ガンバも対応するが15分に先制を許す。
その後も運動量の多い城南を相手になかなか落ち着いてボールを持つことが出来ない状態が続き前半を終える。
後半、ブリーラムが勝っていることもあり、予選突破には勝利が必要なガンバは、55分には岩下、58分にはリンスを投入し、何とかゴールを狙う。
すると64分、左サイドにいた宇佐美のクロス気味のシュートがそのままネットを揺らし、同点に追いつくとガンバの流れに。
75分には藤春に代わり、倉田を左サイドに投入する「スクランブルな形(長谷川監督)」で何とかゴールを狙う。
そして82分、ショートコーナーからファーサイドにボールを入れると、岩下がヘディングで折り返し、リンスがゴール前に飛び込んできて押し込み、ついに逆転に成功!
その後、ガンバも全員で集中して守りながら、カウンターで時間を有効に使い、2-1で試合終了!
勝ち点10で3チームが並ぶ混戦のグループだったが、ACLのルールに基づき予選1位にてグループリーグの突破が決まった!

★ラウンド16の対戦相手はFCソウル(韓国)に決定。
第1戦(アウェイ)は5/20(水)、第2戦(ホーム)は5/27(水)に開催されます(キックオフ時間は未定)。

(G-mailから転載)
posted by ガンバ太郎 at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

5/2 明治安田J1 1st第9節浦和戦

1stステージのちょうど折り返し地点を迎える対戦相手は浦和レッズ。
ガンバは負傷者が多く、右サイドには小椋がスタートで出場するなど、厳しい試合展開が予想される中、5万人の浦和サポーターと3000人のガンバサポーターが駆けつける満員の埼玉スタジアムで14:03にキックオフ。

序盤、浦和がボールを持つことが多いが、両チームとも慎重な立ち上がり。
ガンバはしっかり守り、浦和に決定機を作らせない。
ガンバはカウンターからシュートまで持ち込むが、ゴールにはならず、0-0で前半を終える。

両チームとも選手交代はなく後半開始。
後半は浦和ペースで試合が進む。
ガンバはFWまでボールが回らず、守備の時間が続く。
66分、70分には浦和が、71分、73分にはガンバが選手交代を行うことで、お互いに得点を狙う。
ガンバ守備陣は耐える時間が続くが、84分に失点を許す。
その後、アディショナルタイムにガンバに決定的なチャンスがあったがゴールにはならず、0-1で敗戦。

(G-mailから転載)
posted by ガンバ太郎 at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。