2015年09月20日

9/20 明治安田J1 2nd第11節松本山雅戦

激闘だったACLから中3日で迎える松本戦は3連戦の最後。
長谷川監督は3連戦が始まる前から「松本戦が一番難しい」と警戒していた試合は、ACLから少しメンバーを変更。
赤嶺・井手口・金、そして宇佐美がスタートから出場。
快晴のなか、ガンバサポーターも約2,500名ほど駆けつけて、14:03にキックオフ。

序盤からガンバがボールを持つ場面が多いが、松本も前線からしっかり追ってくる。
7分には松本に右サイドからのクロスをあわされてしまい、失点を許す。
前半14分、30分頃にはガンバが立て続けにCKを得てチャンスを作るがゴールが遠く、0-1で前半を終える。


後半、井手口に代わり倉田がピッチへ。
前半に続き、ガンバがボールを持つが、ゴール前で守る松本を崩すまでにはいかない。
60分にはパトリックを投入。
ガンバがボールを持ち、松本がカウンターでチャンスを作るように。
そして終盤にはガンバが常にボールを持ち、ゴールを狙う。
松本もゴール前に10人が戻り、ゴールを守る。
得点が奪えないままアディショナルタイムに入り、90+3分、左サイド宇佐美からのクロスにゴール前にいた倉田がヘディングであわせ、同点に追いつく。
試合はそのまま終了し、1-1の引き分けで終わり、何とか勝ち点1を積み上げることが出来た。

(G-mailから転載)
posted by ガンバ太郎 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。