2015年10月04日

10/4 明治安田J1 2nd第13節川崎戦

ACL・広州での高温多湿の環境で試合を行い、体力も十分に回復しないまま中3日で迎える川崎戦。

ガンバは開始すぐに右サイドを崩され、ゴール前にパスを入れられると、ファーサイドにつめられた大久保にゴールを許してしまう。

その後、ガンバも落ち着きを取り戻すものの、川崎は両サイドを広く使い攻め、シュートまで持ち込まれる。
ガンバはパスが繋がらず、厳しい展開が続くが、43分にFKからのプレーで、遠藤が再びゴール前に入れると、岩下がニアサイドを飛びこみ、GKがボールをキャッチしきれず、こぼれ球をパトリックが蹴りこみ、同点に追いつく。
しかし、前半アディショナルタイムにミドルシュートを決められ、リードされたまま前半終了。

ハーフタイムに「もっと戦う姿勢をみせろ!」と監督からの激を受け、後半、ガンバは大森に代え明神をピッチへ。
しかし、55分にはペナルティエリア内で仕掛けられ、そのままシュートを決められ2点差に。
ガンバも倉田をピッチへ入れるが、その後も川崎にゲームを支配され、ガンバは動きが重くチャンスを作れない。
だが、66分にCKからパトリックがヘディングシュートを決め、1点差に。
そして73分には右サイド、米倉のクロスに逆サイドにいたフリーの倉田がしっかりあわせ、シュートはネットを揺らし同点に追いつく。
だが、75分に川崎にPKを決められると、83分にもゴールを許してしまう。

最後まで両チームとも攻めあうが、ガンバにゴールはなく、3-5で敗戦。

(G-mailから転載)
posted by ガンバ太郎 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。