2014年08月24日

8/23 JL21甲府戦

★約一ヶ月前に万博で対戦した甲府との試合。前回の対戦では、2-0で勝利したものの、後半はシュート0と非常に苦しめられただけに、甲府のホームでは簡単な相手ではないと戦前から長谷川監督も警戒して試合に挑む。阿部の代わりに岡崎がスタートから出場。
思わぬ形で甲府が先制をする。甲府・石原のミドルシュートはブロックにいった選手に当たり、GKの頭を超えて決まってしまう。その後、甲府にも決定機を作らせないが、ガンバがボールを持つときには一人を残して全員で守備をする甲府を相手に、何度か良い形でシュートまで行くがゴールを決められずに0-1で前半を終える。
後半、岡崎に代え二川をピッチへ。二川が入り流れが変わる。48分には宇佐美が遠藤からのパスを中盤で受け、ドリブルで持ち込みミドルシュート!強烈なシュートがゴールに決まり、同点に追いつく。そして66分、宇佐美の突破で得たFKを遠藤が蹴ると、壁に入っていたジウシーニョが手で止めたため、PKを得る。遠藤がこれを決め、逆転に成功!
そして、82分に丹羽、86分に明神を投入。しかし、その直後に甲府の山本にロングシュートを決められると、左からの阿部のクロスがDFにあたり、GKの頭を超えて決まってしまう。時間がない中、93分、パトリックをめがけてロングボールを入れると、パトリックが落としたボールに倉田がヘディングで押し込み、同点に。その後も何とか逆転を狙い、ゴールを狙うが、タイムアップ。3-3で試合終了。
posted by ガンバ太郎 at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

8/20 EC3徳島戦

★リーグ戦の合間に行われた天皇杯3回戦。3回戦では唯一J1同士での戦い。リーグ戦との連戦もあり、両チームとも土曜日に行われたメンバーから大きく変更して試合が始まる。
前半、ボールはガンバが所持するものの、徳島も守りがしっかりしているためか、なかなかゴール前までいかない。しかし、28分に遠藤、二川とパスが繋がり、宇佐美がゴール前で豪快なシュートを決め、先制点を挙げる!その後、ガンバがボールを持つが、テンポが上がらず前半終了。
後半に入り、宇佐美から阿部に交代し、右サイドから攻撃を作ろうとするがシュートまでいかない。ガンバは追加点を、徳島は同点を狙い、両チームとも選手交代を行う。やや徳島に押される場面が多くなり、徳島・小暮に決定的な場面を作られるが、東口の好セーブもあり、ゴールを許さない。だが、ガンバも追加点を奪うことは出来ずに、そのまま1-0で試合を終え、4回戦進出を決めた。
なお、4回戦の対戦相手は8月27日に行われる広島vs水戸の勝者を待つことになった。
posted by ガンバ太郎 at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

8/19 GAMBA NEWS

★2014Jリーグ J1リーグ戦 7月度の月間ベストゴールに、7/19(土)ヴァンフォーレ甲府戦での倉田選手のゴールが選出されました!
(G-mailから転記)
posted by ガンバ太郎 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

Jリーグ第20節名古屋戦他

★終日雨が降ったりやんだりする中でホーム・万博で行われた名古屋戦。名古屋を指揮するのは西野監督。2011年までガンバを指揮していたこともあり、サポーターだけでなく、選手も意識する大切な一戦。
「レアンドロ ドミンゲスにぶつけるため」藤春がリーグ戦再開後、初めてスタートから出場。開始すぐのパトリックのシュートは決まらないが、ガンバがボールを持って序盤、ゲームを進めていくが、20分頃から名古屋がボールを持つことが多くなる。ガンバも守備がしっかりしているため名古屋にシュートを打たせない。しかし、37分にはDFラインでボールを奪われ、永井に決定機を作られるが、シュートはポストに当たり失点にならず。その後ガンバもなかなかチャンスを作れず、0-0で前半を終える。
後半に入り、60分・66分とシュートを打たれるが、東口がゴールを守る。67分には、米倉・二川と選手交代を行いながら、宇佐美を中心に攻撃するが、ゴールが遠い。78分には名古屋・レアンドロ ドミンゲスにゴールを決められ先制を許すと、80分にはリンスを投入し攻撃的に出るが、ゴールにはならず0-1で敗戦。
連勝は5でストップしてしまった。



★ジュニアユース「日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 1次ラウンド」vsカターレ富山ジュニアユースは7-1で勝利。昨日の試合も勝利しており、グループ2位以内が確定したたため、決勝トーナメント進出が決定。
posted by ガンバ太郎 at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

Jリーグ第19節大宮戦

8年ぶりの5連勝を目指し、乗り込んだのはアウェイ・大宮。大宮は再開後、3分1敗と苦しんでいるが、中断期間中にFWムルジャが加入。
序盤、ムルジャに決定的な場面を作られGK東口が防ぐが、大宮ペースで試合が進む。なかなかガンバらしい攻撃が出来ない中、セットプレーからガンバが先制点を挙げる。27分に得たFKを遠藤がゴール前に入れると、岩下が競り、西野、阿部と押し込もうとするが、大宮にぎりぎりのところを防がれる。しかし、最後に今野が蹴りこみ、先制点を決める!その後も大宮にボールをもたれる場面もあるが、ガンバもセットプレーや右サイドからチャンスを作るが、前半は1-0で終える。
後半に入り、先にガンバが点を決める。51分右サイドでパトリックがDFと競り合いながらボールをキープ。そのボールを宇佐美へパス。ゴール近くからニアサイドからシュートを決め、追加点!得点を狙う大宮は、シンプルにクロスをゴール前に入れてくるが、DF陣も体を張ってゴールを守る。終盤には明神、そしてサイドの対応のため、藤春をピッチに入れ、2-0で勝利!順位を一つ上げ、暫定ながら5位まで上昇。

(G-mailから転記)
posted by ガンバ太郎 at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

Jリーグ第18節横浜FM戦

18節を向かえ、後半戦のスタートとなる横浜FM戦は雨の万博で試合開始。
ガンバも再開後3連勝と調子を上げてきたが、一方マリノスも4試合負けなしと侮れない相手。前節神戸戦で負傷した大森のポジションには倉田が入る。
昼から雨が降り続き、滑りやすいピッチのためか、両チームとも慎重にゲームに入る。
12分にはDFの裏へ抜けたパトリックへパスが通ったかと思われたがオフサイドの判定。また13分には横浜にチャンスだったが岩下が防ぐ。28分には横浜右サイドからのクロスがガンバゴール前を通り、再び折り返されるが、ここはDFがクリア。37分にはパトリックがDFからボールを奪い、そのボールが宇佐美に渡るもののシュートまではいかず。38分にはカウンターから攻めるが、横浜の戻りも早くチャンスは作れず。前半のシュートはガンバ3本、横浜1本。
後半に入り、両チームともセットプレーも増え、ゴール前にいくことが多くなるなど、ゲームが動き出す。だがなかなか得点まではいかない。そして64分、米倉に変えて藤春を、78分には倉田に変えて二川がピッチへ入り、得点を目指す。
そして82分にはようやくゴールが生まれる!宇佐美が受けたファールで得たFKを、遠藤がゴール前に入れると、パトリックが走りこみヘディングでゴール!そして今度は89分、左サイドから中に入ってきた藤春からのパスに、逆サイドから走りこんできた遠藤がサイドキックでゴールへ流し込み2-0に!
試合はそのまま終了!後半戦の初戦となるゲームを勝ち、4連勝を収めることが出来た。

(G-mailから転記)
posted by ガンバ太郎 at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

GAMBA NEWS

昨日、セレッソ大阪舞洲グラウンドにて関西ステップアップリーグ2014第4節が行われ、1-2(前半0-0 後半1-2)で敗戦。

前半はお互いにチャンスを作るも、両チームのDF陣が踏んばり0-0で折り返す。
後半はセレッソペースで試合が進み迎えた54分、左サイドを突破され失点。追いかけるガンバも58分に井手口がリンスのパス交換で中央を突破しDFを引きつけ佐藤へ。GKと1対1となった佐藤が落ち着いてゴールへ流し込み同点。勢いに乗るガンバは次々と決定的なチャンスを作り出すが得点には至らない。逆に68分にゴール前の混戦から押し込まれ1-2。ガンバも攻め込むが一歩及ばず1-2で敗戦となった。

(G-mailから転記)
posted by ガンバ太郎 at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月28日

Jリーグ第17節神戸戦

リーグ戦2連勝で迎えたアウェイ神戸戦。

神戸は再開後、

勝ちに恵まれないものの

試合前は7位とガンバより
上位につけていることもあり、

負けられない一戦。

ガンバは前節・清水戦から先発のメンバーは変更せずに試合開始。


神戸戦では非常に相性の良い宇佐美が今日も魅せる!

14分左サイドからのパスを、

ペナルティエリア外で受けた宇佐美がミドルシュート!

GKに当たるものの、

ボールはゴールの中に入り先制点を挙げる。

しかし、20分にペナルティエリア内でハンドを取られてしまい、

PKを決められ同点に。

だが26分、遠藤が蹴ったFKを西野がゴール前で競り、

そのボールを宇佐美がヘディングで決め、

再び神戸を突き放す!

その後、神戸が再び勢いを持って攻めてくるが、

DF陣も体を張って守る。

そして43分、遠藤が蹴ったFKを、

オフサイドぎりぎりでゴール前に飛び込んだパトリックがGKの前に入り、頭で決める!


後半は開始直後からガンバペース。

パトリックや倉田が決定機を作るが、

ゴールを決めきれないと、

徐々に神戸のペースに。

何度か決定的な場面を作られるが、

東口のファインセーブがあり失点は許さない。

そして63分には、

カウンターから得たCKをゴール前にいたパトリックがヘディングシュート!

追加点を決める!

そして72分、右サイドでパトリックがボールをキープし、

マイナス気味のクロスを阿部がトラップでDFを一人交わし、

左足のボレーシュートがゴールに決まる!


その後、神戸は選手交代を行い、

ガンバは押し込まれる場面が増えるが、

守備の意識も高いガンバは失点を許さない。

5-1で勝利!

リーグ戦の半分、17試合を終了し、勝ち点24、7勝7敗3分で8位。

後半戦に巻き返しを図る!
(G-mailから転記)
posted by ガンバ太郎 at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

Jリーグ清水戦

土曜日からの連戦はホーム万博での清水戦。

倉田が出場停止のため、

パトリックが初先発。

それ以外は前節同様のメンバーで試合開始。

初先発のパトリックを周囲が上手く使い、

前半からガンバがベースを握る。

6分には、CKの流れから遠藤がゴール前に入れると、

岩下が競り、宇佐美がつめて、

こぼれたボールをダイレクトで阿部がシュート!

これが決まり先制点を挙げる!

続けて9分には、

右サイド、パトリックが折り返したボールを大森がダイレクトでシュート。

追加点を決める!

その後もパトリックや阿部に決定的なチャンスがあるが、

清水GKの好セーブもあり、ゴールにはならず。

しかし、前半は清水のシュートを0に抑え、

2-0で終了。


後半に入ってもガンバのペースは続く中、

56分にパトリックがようやくゴールを決める。

右サイド米倉からのクロスにDFと競りながらもヘディングでゴールを決め3点目。

その後、両チームとも選手交代を行うが、

ガンバは無理をせずにボールを回し、

前半ほどシュート数は増えないが決定機を作りゲームをコントロールする。

そして、86分には途中出場したリンスもゴールを決め4点目。

「ガンバらしい」勝利を収めることが出来た!

(G-mailから転記)
posted by ガンバ太郎 at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

7/5 GAMBA NEWS

本日、J-GREEN堺にて関西大学と練習試合を行ないました。

1本目:3-0、
2本目:1-1。

得点者は1本目:
10分リンス、
28分倉田、
29分宇佐美。

2本目:29分パトリック、
39分 関西大。
posted by ガンバ太郎 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

7/1 GAMBA NEWS

FWパトリック選手が、

2014/7/1よりガンバ大阪へ

期限付き移籍で基本合意に達しましたことを

お知らせいたします。
posted by ガンバ太郎 at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月28日

6/28 GAMBA NEWS

本日、J-GREEN堺にて阪南大学と練習試合を行う。

リーグの中断期間、

初めての練習試合は、

キャンプの疲れがあるためか、

序盤から阪南大にボールをもたれる場面が多く、

なかなかガンバはシュートまでいかない。

しかし、22分に前線ですぐにボールを奪い返し、

逆サイドにつないで大森がゴールを決め、

ファーストシュートで先制点を挙げる。

2本目に入り、6分に倉田がミドルシュートを決めるが、

直後の8分に阪南大に崩され失点。

しかし、その後はガンバがゲームを落ち着いて進め、

35分には途中出場をしたリンス、

39分には大森、

44分にはFKを米倉があわせ、

立て続けに得点を決め、5-1で勝利。
posted by ガンバ太郎 at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

日本、ギリシャと痛恨ドロー…数的優位いかせず

ブラジルワールドカップ1次リーグC組(19日、日本0−0ギリシャ、ナタル)
日本は前半途中から1人少なくなったギリシャを崩せず0−0で引き分けた。
日本は勝ち点1とし、得失点差で1次リーグC組で3位となった。
日本は24日に2大会連続となる決勝トーナメント進出をかけてクアイバでコロンビアと対戦する。

日本のスタメンは

GK川島、DF長友、内田、吉田、今野、MF山口、長谷部、FW大久保、岡崎、本田、大迫

ギリシャのスタメンは

GKカルネジス、DFマノラス、トロシディス、パパスタソプーロス、ホレバス、MFマニアティス、コネ、カツラニス、FWサマラス、ミトログル、フェトファツィディス

 前半は日本ボールでキックオフ。
日本は2分、右サイドを突破した大久保から中央へグラウンダーのパス。
中央でフリーで受けた山口がミドルシュートを放ったが、ギリシャDFにブロックされた。
19分、右サイドの内田から中央の大久保へ。
大久保がワンタッチで落としたところに大迫が左足でシュートしたが、GKに阻まれた。
29分、エリア外やや右でFKを獲得すると、
本田が左足で無回転シュートを放ったが、GKにセーブされた。
35分、ギリシャは負傷したミトログルに代えてFWゲカスを投入した。
38分、ギリシャのカツラニスがこの日2枚目のイエローカードを受け退場した。
41分、ギリシャはフェトファツィディスに代えてカラグニスを投入し4−4−1にフォーメーションを変更。
前半はそのまま0−0で終了した。

後半はギリシャボールでキックオフ。
日本は後半頭から長谷部に代えてMF遠藤を投入した。
6分、日本はエリア外やや左でFKを得ると遠藤が右足でクロスを入れたが、誰も触れなかった。
10分、日本は再びエリア外中央でFKを得ると遠藤が蹴ったが、壁にあたってゴールにはならなかった。
12分、日本は大迫に代えて香川を投入した。
岡崎をワントップ、香川を右、大久保を左に出す布陣に変更した。
23分、香川が右サイドの内田へフィード。
内田が中央へダイレクトで折り返しすと、
逆サイドから走ってきた大久保が左足で合わせたが、枠を捉えられなかった。
32分、エリア中央から大久保が右足でミドルシュートを放ったが、GKにセーブされた。
35分、ギリシャはコネに代えてFWサルピンギディスを投入した。
42分、吉田を前線へ挙げてパワープレーに出た。
45分、エリア外やや左で日本がFKを得ると、遠藤が右足で狙ったがGKのセーブに阻まれた。

試合はロスタイムに入ったが、お互いにチャンスを作れず。0−0のドローに終わった。

(サンケイスポーツから転記)
posted by ガンバ太郎 at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

大久保流で香川再生!「全然ダメだったけど、落ち込むなよ」

サッカー・日本代表合宿(17日=日本時間18日、ブラジル・イトゥ)
19日(日本時間20日午前7時開始)の
ブラジルW杯1次リーグC組第2戦・ギリシャ戦(ナタル)へ向け、
日本代表は拠点施設のイトゥで最終調整。
FW大久保嘉人(32)=川崎=がまとめ役として、
初戦のコートジボワール戦でシュート0本に終わった,
FW香川真司(25)=マンチェスター・ユナイテッド=の再生に一肌脱いだ。
宿舎のジャグジー風呂に一緒に入り、大久保流の激励でショックを洗い流した。
「切り札」として途中出場が濃厚な ギリシャ戦でのゴールを誓った。

(サンケイスポーツから)
posted by ガンバ太郎 at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

信念を強調!本田、20日ギリシャ戦は考えすぎず“馬鹿になる”!

いつも以上に声量を上げ、熱い独演会が展開された。
2時間超の非公開練習を終えたFW本田は、
悪夢の逆転負けから2日、まず「攻撃サッカー」への揺るぎない信念を強調した。

「シンプルですよ。自分の中では敗因はクリアになっている。
ショックはショックだけど、負けたこと自体より、自分たちの良さを出し切れず敗れたことがショック」

さらに「取られても取り返す。その理想を貫けばオレらは絶対にやっていける自信が、
この状況を打開できると信じています」とまくし立てた。

ならば、どう立て直すのか。提言したのは“馬鹿になれ”とでもいうべき発想の転換だった。

「ちょっとした気持ちの変化で大きくサッカーが変わる要素を秘めている」と断じると、
初戦の敗因をこう結論付けた。

「そもそもの始まりは、相手をリスペクトしすぎたというところ」

確かにコートジボワール戦では強力な相手攻撃陣を警戒するあまり、
チームの重心が後ろに移り主導権を渡す悪循環に陥った。

(サンケイスポーツから転記)
posted by ガンバ太郎 at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

岡崎、ネイマールに刺激「ああいう星の下に生まれたい」

サッカー・日本代表合宿(12日=日本時間13日、ブラジル・イトゥ)

岡崎(マインツ)がW杯の開幕戦で活躍したブラジルのネイマールに刺激を受けた。

チームの全体練習後の取材対応中に同点ゴールを決めたことを伝え聞き

「ああいう星の下に生まれたい」と笑いを誘った。

 国際Aマッチで歴代3位の38ゴールと積み上げた実績は十分。

右の攻撃的MFとして裏への飛び出しから好機に絡むパターンを確立している点取り屋は

「切り込み隊長は僕がやるべきだと思う。自分の良さを出せれば」と、

初戦へ向けて意気込んだ。(共同)

(サンケイスポーツから転記)


posted by ガンバ太郎 at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

本田は「はい上がってくる」岡田前監督が復活断言!

サッカーのW杯ブラジル大会は12日(日本時間13日)に開幕する。

14日午後10時(同15日午前10時)からコートジボワールとの

1次リーグC組初戦(レシフェ)を控える日本代表FW本田圭佑(27)=ACミラン=について、

10日にサンパウロ日本人学校で行われた催しに招かれた前日本代表監督の岡田武史氏(57)は、

「きっとはい上がってくる」と復調に太鼓判。

本田もビデオメッセージを通じて「サプライズを起こす」と宣言した。

(サンケイスポーツから転記)
posted by ガンバ太郎 at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月11日

香川に追い風!宿敵司令塔の負傷も「平常心」で勝つ!!

サッカー・日本代表合宿(9日=日本時間10日、ブラジル・イトゥ)

W杯ブラジル大会に臨む日本代表は選手の体調を考慮し、休養日となった。

前日9日にはベースキャンプ施設「スパ・スポーツ・リゾート」で初練習を行い、

FW香川真司(25)=マンチェスター・ユナイテッド=は

14日(日本時間15日)の1次リーグ初戦・コートジボワール戦(レシフェ)へ無心を強調。

相手司令塔のMFヤヤ・トゥーレ(31)=マンチェスター・シティー=の負傷情報が流れる中、

“雑念”にとらわれず試合に集中する。

(サンケイスポーツから転記)
posted by ガンバ太郎 at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月10日

本田〜!!地元5400人熱烈コール、ブラジルが「完全ホーム化」

サッカー・日本代表合宿(8日=日本時間9日、ブラジル・ソロカバ)W杯ブラジル大会に臨む日本代表は
ベースキャンプ地イトゥ近郊でブラジル入り後の初練習を公開で行い、
海外では異例の約5400人もの地元ファンが会場に駆けつけた。
FW本田圭佑(27)=ACミラン=は万雷の“ホンダコール”を受け、
「アドバンテージになる」というブラジルの雰囲気に満面の笑み。
日系人が多いこともあり親日的なブラジルでは、
W杯でも“ホーム化”が見込まれ、
日本時間15日のコートジボワールとの1次リーグC組初戦(レシフェ)勝利を目指す選手たちに気合がみなぎった。

(サンケイスポーツから転記)
posted by ガンバ太郎 at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月08日

ジンクス

ワールドカップがいよいよ始まります。

日本代表には、過去のベスト16をうわまる結果を出して欲しいです。

日本代表は、過去4回、ワールドカップに出場していますが、

予選リーグの初戦で勝つと、予選突破できています。

一方、予選リーグの初戦で負けると、予選突破できていません。

これがジンクスなら、初戦のコートジボワールに是非とも勝って欲しいです。

選手の皆さん、頑張ってください!
posted by ガンバ太郎 at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。